害虫が原因の病気 | 夏は特に要注意!アドボケートで猫を夏に流行る感染症から守ろう

夏は特に要注意!アドボケートで猫を夏に流行る感染症から守ろう

害虫が原因の病気

「害虫が原因の病気」のイメージです。

猫用の薬の中でも人気があるのが「アドボケート」という海外製の薬なのですが、この聞いたこともないカタカナの名前の薬がなぜ人気なのか、と思う人も多いでしょう。
このアドボケートが人気の理由、というのは非常に多くの害虫の駆除に有効な薬であるからです。
猫は体が小さく、害虫によって病気にかかる危険性が非常に高いのです。
田舎では猫を散歩がてら外に出すこともあると思うので、非常に危険です。
草むらなどにはたくさんの害虫がひそんでいるので、いつどこで病気の原因となる害虫を連れてくるかわからないのです。
また、都会で飼われている猫は外に出歩くことがほとんどないので安心!と思っている人も多いのではないでしょうか。
しかしそれは大間違いです。
家にはノミやダニなどがたくさん住み着いているのです。
布団やカーペットなど、布地の場所や湿度や温度が高いところを好むので、家の中はかなり最高の住処なのです。
ノミやダニは、猫の体に付着し、噛みつきます。
その際に大量の血液を吸うので、子猫など血液量の少ない場合には貧血を起こしてしまうのです。
人にとっては小さくてなんともないノミやダニですが、猫にとってはかなり危険な寄生虫なのです。
そして、夏には蚊によって感染症をうつされることがあるので要注意です。
蚊はフィラリア症という感染症の病原菌となる「ミクロフィラリア」を保有していることがあるのです。
猫の場合、フィラリア症は死に至ることもあるとても危険な感染症なのです。
こういった害虫の駆除、予防をしてくれるのがアドボケートなのです。
かなり万能薬なので、猫を飼う際には必需品になるでしょう。